読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなみずにっき

はなみずぐらいのブログ    コピーライター/脚本家

【読書感想文】年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51uIz6wz8bL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg

本文に出てくる「ゴールドスワン」。
左から右に方向付けることは、未来や力強さの表現なのでバッチリですね。

 

 

『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』
伊藤邦生著 中経出版


結構、目からうろこなことがポロポロとありました。
例えば
スキルアップからの給料アップ(労働力)には
物理的な限界(時間的や体力的)がある。

・資本主義は人が金を使うようにするシステムであり、国策である。
(広告とかもそうだよね)

・ぼんやりしてたら
公務員、建設会社、保険会社
のためだけにお金を使うモデルになってる。

・投資をしないことは、機会損失である。
とか。

もっとお金を稼ごうと思った時にまず、給料アップを考えて
そのためのスキル獲得や転職を目論んだけど
たしかにそれには限界があるんだよね。

あと投資で失敗すればそりゃマイナスだけど、
インデックス型の投資信託
(詳しくはわからんけど「目指せ平均」の超堅実投資)なら
大負けする確率が低いから
むしろ投資しない方がした時に比べて損しちゃってるとか。

これ意外だよね。

おっしゃ、じゃいっちょ勉強するかー、ってなって
株とかFXのデモでもやるかー、て計画したところで、
「デモトレード」なんか意味ないよーってさ。

著者いわく「所詮デモだし」と。
「実際のお金が動かないから、ストレスもモチベーションもぜんぜんちがうし」と。

そうなのかー。
でも株おもしろそうだからやってみたいんだけどねー。

とりあえず投資とか云々する前に
生活費向こう半年分以上を貯金しとけってさ。
まずはそっからだね。


どうでもいいけど、
『年収300万円でもお金持ちな人 年収1000万円でも貧乏な人』
横山光昭著 PHP研究所

https://www.php.co.jp/atch/books/9784569830780.jpg

 

タイトル似すぎ(汗)


これは最高に矛盾してるんですけど、
みんながんばってお金持ちになろー!