読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなみずにっき

はなみずぐらいのブログ    コピーライター/脚本家

【映画感想文】シン・ゴジラ

 

f:id:ichihara103:20161006180510j:plain

 

観たよ『シン・ゴジラ』!

100点満点で120点とかそういう陳腐な表現になっちゃうけど、
マジで期待以上でした。


以下、思ったことです。
考察とかネタばれとか、そういうコムズカシイことじゃないのでご安心を。
ただクソ長いのでご勘弁。。。


・プロが集まる。映画も同じ。

そりゃ未確認巨大不明生物が国家を脅かしてるんだから当然だけど、
プロ中のプロが一堂に会するんだよね。
各省庁のトップが集まったり、専門分野で戦ってる人たちが議論したり、
なんというかもうすべてが圧倒的。

オールマイティで中途半端な人なんて何の役にも立たないのがよくわかる。
究極的なスキルとか知見を身に付けた人の方がよっぽど重要。

これって映画の世界もきっと同じだよね。
チャップリンみたいに脚本から主演から監督から音楽から何でもできちゃうのがすごいと思われがちだけど、やっぱそれぞれのプロが全力を発揮した方がおもしろいものに化けそう。なまじ監督がぜんぶできちゃうと、監督自身の想定レベルを超える何かがでてきにくかったりするんじゃない?

 

・感情より理性を優先させている。いわゆる「不確定要素が多すぎる」

映画とかすべてのフィクションって、こう盛り上がりどころがあるじゃないですか。その原動力になってるのってたいてい「感情」なんですよね。

恋愛とか勝利とか夢とか成功とか、その辺の生々しい感情が人物を動かしてるのが一般的でしょ。そこに共感が生まれて感情を揺さぶられて持ってかれるわけ。

でも、『シン・ゴジラ』の中核にあるのはこうした感情論はほとんどないんですよ。いわゆる熱さがない。もちろん、各人物のバックグラウンドや想いはピックアップしてないだけであるのはわかるよ。でもそこをあえて伏せて、官僚としてそれぞれの責務を淡々とこなしつつ最善を目指していこうっていうクールな感じが超シビレた。
劇中のセリフであったんだけど「不確定要素が多すぎる」ていうのは、感情論の行動結果を予期しての見解なんですよね。まあその不確定要素(いわばギャンブル性があるからこそ、成功した時の盛り上がりがあるわけだけど)を排除することでできる限り成功率を高めようとする姿が素晴らしい。例えて言うなら、新人社会人が精神論で「燃えて燃えて頑張りまくって」成功するのがドラマになるけど、今回はそうじゃない。むしろその上司が新人社会人に「燃えて燃えて頑張りまくって」失敗するのを避けるために、「冷静に冷静に合理的判断に徹して」仕事を進めるみたいな。かえってよくわからんか。

・絶望/非日常との向き合い方をシミュレーション

 

f:id:ichihara103:20161006181208p:plain



ぶっちゃけ怖かったです。最初のゴジラ。蒲田だっけ?あれに来たやつ。なに、ラブカっつーの?この画像のやつなんだけど。めっちゃ怖い。クソでかいこんなやつに足生えてズンズン迫ってきたらもう絶望っきゃない。そもそもでっかいもの恐怖症なのに。でもフィクションにせよ夢にせよ、こういう怖いものを知ってるのと知らないとでは全然ちがう。だからなるべくこういう怖いものは耐性をつけといた方が良い。

同じく、テロとか地震とかで東京が壊滅状態にある危機とかも、自分の中でちゃんと想像(シミュレーション)することにも価値がある。非日常でパニクっちゃうともうおしまいだから、ちゃんと見とこう。

 

・矢口(長谷川博己)と泉(松尾諭)はなんか既視感あるなー、と思ってたら『デート』

 

 

『シン・ゴジラ』の作品とはまったく関係ないとこで、知識とか経験がリンクするってのもおもしろい。そういう意味でも、いろんなことを知っておくって人生が豊かになるっぽい。

 

・官僚/政治家になりたいと思ったらもうムリ

官僚かっけーなー、今から目指そうかなーと一瞬思ったんだけど

公務員試験には年齢制限があるらしい。。。そりゃまあムリや。現実に戻してくれてありがたい。

 

・人脈って大事

人脈って言葉はあんま好きじゃないんだけど、知り合いが各方面にいるってことはいいね。まあ、人として相性の良し悪しとかポリシー的な相違とかはもちろんあるだろうけど、いざという時に頼れる人は多いに越したことはない。根回しとか大人の作戦みたいなものじゃなくて、単純に同じ仕事を一生懸命頑張る仲間って考えたら大事and大事だしね。友達いない私にとっては遠いな。

 

・だれやー!

エンドロールで出演者がズラリofズラリで流れてくるんだけど、目で追うのが精一杯。
え、KREVAいたの?とか。え、もしかしてあの人?みたいに思い出してるヒマはないぐらい
すごいたくさんの人がいる。
で、がんばって目で追ってるとイヤでも目に付く珍名さんもちらほら。
例えば「ペロリ」。
あと「吉田ウーロン太」「ラブ守永
それから「森きゅーり」なる人のもいた。
だれやー!


終わりもゾクっとくるね。しっぽが骸の山なんだもん。
あ、これもネタバレになっちゃう??


とまあ勢い任せで殴り書きしてみました。
たぶん自分でも書いててよくわかんないぐらい、
興奮しちゃってるんでしょう。
いかんな、それこそ不確定要素が多すぎる。

とにかくすごいおもしろかったです。